IIJの格安SIM(MVNO)サービスIIJmioの特徴と概要を解説

IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供する格安SIM(MVNO)サービスであるIIJmioも、早期から格安SIM市場に参入し実績がある他、eSIMサービスなど特色のあるサービスを展開しています。今回はIIJmioのサービスの特徴と概要を紹介します。

IIJmioの特徴

IIJmioは、インターネットサービス・プロバイダ(ISP)などの通信サービスを提供している株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)によって提供している格安SIM(MVNO)サービスです。

回線はNTTドコモとKDDI(au)回線で提供しており、前者をタイプDとして、校舎をタイプAとして提供しています。

IIJmioのmioはイタリア語で「私の」「私のもの」という意味があり、同社では多用な利用者に需要に答えるべく、必要な機能を自由に組み合わせて自分流のインターネット環境を提供するという発想で格安SIM(MVNO)のサービスを提供しています。

そのため、iPhoneXSより提供が開始されている組み込み式のSIM「eSIM」によるサービス展開など独自のサービスも多く提供しています。

関連記事

格安SIM(MVNO)のみならず、従来の携帯事業者と契約して携帯電話やスマートフォンで通信サービスを受ける場合、近年ではSIMカードの装着が不要となる「eSIM」が登場しており、SIMカードの装着が不要で通信サービスが利用できるようになって[…]

また、端末とセットで購入したい方向けに、40種類以上の豊富なラインナップの中から、スマートフォンを選ぶことができます。スマートフォンのラインナップについては以下の公式サイトよりご確認いただけます。

IIJmioの料金プラン

プラン 音声通話SIM データSIM(SMS付き) データSIM eSIM
2GB 850円 820円 740円 440円
4GB 990円 970円 900円 660円
8GB 1,500円 1,470円 1,400円 1,100円
15GB 1,800円 1,780円 1,730円 1,430円
20GB 2,000円 1,980円 1,950円 1,650円

2021年4月1日からの新料金プラン(税込)

2021年4月1日より適用可能となる新料金プランでは、2GBと4GB、8GB、15GB、20GBの5つの料金プランを提供します。音声通話とデータ(SMS付き)、データに加え、これまで別料金として扱っていたeSIMもプランに含まれるようになりました。

また、格安SIM(MVNO)事業者では関西電力傘下のmineoに次いで2021年6月より超高速通信サービス「5G」に対応(NTTドコモ回線)しました。5Gは対応端末を用意すれば追加料金不要で利用できます。

2GBであれば、音声通話付きで850円(税込)で利用できる他、20GBでも2,000円と手頃な価格で利用できます。また、お使いの端末がeSIMに対応する場合は、SIMカードの発行が不要になり、申込後すぐに利用可能となります。回線はNTTドコモ回線とLTE回線に限定されます。

また、自宅の固定回線でIIJの光回線を利用している場合「mio割」が適用可能で、上記料金より月額600円割引が提供できます。ビッグローブやOCNであれば300円程度の割引となりますが、IIJではセット割りの金額が大きいのが特徴です。

eSIM専用の料金プラン

IIJmioは、eSIMへの対応に伴い、eSIMの専用の料金プランを提供しています。

iPhone XS以降であれば端末を用意するだけで、IIJmioと契約後に手順に従って契約情報を内蔵SIMに書き込みます。そのため、SIMの発行や受け取りが不要になります。

2021年4月1日より、eSIMにおいても新料金プランで利用出来るようになりました。データ量2GBであれば440円(税込)、20GBでも1,650円(税込)で利用できます。

eSIMの場合はデータSIMのみの提供となり、音声通話やSMSの利用はできませんので注意が必要です。また、2021年6月よりサービス提供予定の5Gサービスへも非対応となりますので注意が必要です。

eSIMの利用に最適な使い方としては、メールアドレスや家族割などの関係でNTTドコモといった従来の携帯事業者を引き続き使いながら、データ通信のみ料金を抑えて利用する方法です。従来のNTTドコモなどの既存の契約を維持したまま、副回線でIIJmioを利用することが可能です。

関連記事

格安SIM(MVNO)のみならず、従来の携帯事業者と契約して携帯電話やスマートフォンで通信サービスを受ける場合、近年ではSIMカードの装着が不要となる「eSIM」が登場しており、SIMカードの装着が不要で通信サービスが利用できるようになって[…]

IIJmioの音声通話料

通常の音声通話料金

宛先 音声通話料 SMS
国内 11円/30秒 3~33円/回
海外 国・地域により異なる 50~500円(不課税)/回
同一契約者名義間 17.6円/30秒 3~33円/回

IIJmioONEの音声通話料金(税込)

IIJmioの音声通話料金は、音声通話は30秒あたり11円(税込)、SMS送信は3円(税込)からです。オートプレフィックスに対応しており、下記のみおふぉんダイアルの専用アプリ不要で標準の電話機能で割安に通話が可能です。国際電話を利用する場合は国、地域によりことなりますのでIIJmioのページでご確認ください。

また、同一契約者名義(同一mioID)で、家族で持たせている場合であれば通話料金の割引が適用でき、30秒あたり8.8円(税込)で電話をかけることができます。

みおふぉんダイアルの音声通話料金

宛先 音声通話料
国内 11円/30秒
海外 10円(非課税)/30秒

みおふぉんダイアルの音声通話料金(税込)

IIJmioでは、音声通話料金が半額になる専用アプリ「みおふぉんダイアル」を提供しています。専用アプリを介して電話することで、通常の通信料金の半額で利用できます。前述しましたが、新たにオートプレフィックスへの対応により専用アプリ不要でも上記通話料金で利用可能になりました。

また、国際電話についても国内の通話料同様にかけることができますので、海外との通話が多い方にもおすすめです。

音声定額料金

名称 月額料金 概要
みおふぉんダイアル通話定額5分+ 月額500円 1回5分以内の国内通話が無料
みおふぉんダイアル通話定額10分+ 月額700円 1回10分以内の国内通話が無料
みおふぉんダイアルかけ放題+ 月額1400円 無制限で国内通話が無料

IIJmioの新通話定額オプション(税込)

名称 月額料金 概要
誰とでも3分&家族と10分 月額660円 3分以内の通話が定額な他、家族(同一名義間)であれば10分かけ放題
誰とでも10分&家族と30分 月額913円 10分以内の通話が定額な他、家族(同一名義間)であれば30分かけ放題

IIJmioの通話定額オプション(税込)

IIJmioでは、2つの通話定額オプションを提供しており、既存の通話定額オプションに加え新通話定額オプションを新たに提供しました。

新通話定額オプションでは、月額500円で1回5分以内の通話が定額となる「みおふぉんダイアル通話定額5分+と、月額700円で1回10分以内の通話が定額となる「みおふぉんダイアル通話定額10分+月額1400円で国内通話が無制限でかけ放題となる「みおふぉんダイアルかけ放題+を提供しています。

3分以内の通話が多い方向けに、3分以内の通話であれば月内であれば何度でも定額の660円(税込)で利用できる「誰とでも3分&家族と10分」と、10分以内の通話が多い方向けに、10分以内の通話であれば月内であれば何度でも定額の913円(税込)で利用できる「誰とでも10分&家族と30分」を提供しています。また、家族宛であれば30分間の通話であれば定額で利用できます。

契約時に必要な初期費用と解約時に必要な契約解除料金

初期費用

手数料種別 費用
初期費用 3,300円
SIMカード発行手数料 433円(タイプD)/446円(タイプA)

IIJmioの初期費用一覧(税込)

IIJmioでは、契約時には初期費用は、初期費用として3,300円(税込)、SIMカードの発行手数料としてNTTドコモ回線の場合は433円(税込)、KDDI回線は446円(税込)を徴収しています。

解約手数料

契約種別 契約期間 費用
音声SIM 契約期間の定めなし
データSIM(SMS対応) 契約期間の定めなし

IIJmioの解約料一覧(税込)

IIJmioは、従来の携帯事業者が設定している契約期間や途中での解約金などの設定はありませんので、安心して利用できます。

月額の支払いはクレジットカードが利用可能

IIJmio月額料金の支払いはクレジットカードのみの支払いになっています。銀行口座振替は現在利用できませんので注意が必要です。

申込時には、ご自身名義のクレジットカードを用意した上で、申込みを行う必要があります。

IIJmioについてのより詳しい情報の他、サービスのお申し込みは以下の公式サイトよりお願いいたします。