ソニーグループの格安SIM(MVNO)「nuroモバイル」のサービス概要と特徴を解説

ソニーグループの格安SIM(MVNO)サービス「nuroモバイル」は、コストパフォーマンスが良い格安SIM(MVNO)サービスとして評価が高い特徴があり、料金を安く抑えたい方に人気があります。今回は、「nuroモバイル」のサービス概要と特徴を解説します。

nuroモバイルの特徴

nuroモバイルは、ソニーグループの「ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社」が提供している格安SIMサービスです。

もともとは、インターネットサービス・プロバイダ(ISP)サービスであるSo-netを提供している会社ですが、ISPサービスに加え、格安SIM(MVNO)サービスも展開しています。

nuroモバイルは、NTTドコモに加え、KDDI(au)、ソフトバンク回線と3事業者の回線が利用できます。また、コストパフォーマンスが良いことで評判が高く、RBB TODAY格安SIMアワードにて、2019年上半期のコストパフォーマンス部門において第1位を獲得しています。

特に、契約後のサービス利用開始月は、初期費用などで何かと費用が発生しますが、nuroモバイルでは、初月の月額基本料金は無料で使えるほか、当月のデータ通信量が不足する場合は、前月より前借りが可能となっています。また、データ通信量が余った場合はよく月に繰越が可能になっており、契約範囲内で無駄なく使うことができます。

nuroモバイルの料金プラン

料金プラン 音声通話付き データ通信+SMS データ通信専用
VSプラン(3GB) 792円 792円 627円
VMプラン(5GB) 990円 990円 825円
VLプラン(8GB) 1,485円 1,485円 1,320円

nuroモバイルバリュープラス料金プラン(税込)

nuroモバイルは、2021年4月1日より、nuroモバイルは料金プランを改定し新たな料金プランとして「バリュープラス」を提供いたします。従来の料金プランに比べ大幅にお得な料金で利用できる他、これまで通信事業者毎で異なっていた月額料金が、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクともに通信事業者問わず、データ容量毎に均一で利用出来るようになりました。

5GBのVMプランと8GBのVLプランについては、契約プランに応じたデータ量を3ヶ月毎に追加で受け取ることが出来る「Gigaプラス」を提供しています。VMプランでは3ヶ月毎に3GB、VLプランは3ヶ月毎に6GBのデータ量を受け取れ、受け取った翌々月まで利用できます。

当月内でデータ量が不足した場合は、1GBあたりドコモ回線であれば660円(税込)、KDDIとソフトバンク回線は990円(税込)を追加することでデータ量を追加できます。データ量を前借りする場合は、費用は不要で、専用ページよりログインして申込みが必要です。

nuroモバイルの音声通話料

nuroモバイルでは、NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクに準拠した通常の音声通話料金でサービスを展開しています。また、専用アプリで通話料が半額となるnuroモバイルでんわを提供しています。専用アプリからの通話では音声通話定額プランも利用できます。

通常の音声通話料金

宛先 音声通話料 SMS
国内 22円/30秒 3円~/回
海外 国・地域により異なる 50円~/回(不課税)

音声通話料金(税込)

nuroモバイルの音声通話料金は、音声通話は30秒あたり22円(税込)、SMS送信は3円(税込)から利用できます。国際電話を利用する場合は国、地域により異なりますのでNTTドコモの国際電話のページでご確認ください。

nuroモバイルでんわの音声通話料金

宛先 音声通話料
国内 11円/30秒
海外 11円/30秒

nuroモバイルでんわの音声通話料金(税込)

nuroモバイルでんわは、専用アプリを利用することで申込み不要で音声通話料金が通常の音声通話料金から半額になるサービスです。国内通話料が30秒毎に11円(税込)で利用できます。また、国際電話にも対応しており、指定の32カ国への通話が国内と同様の通話料で利用できます。対象国など詳しくはnuroモバイルでんわ国際電話のページをご覧ください。

また、専用アプリを利用しなくても、通常の電話番号の前に「0037-692」を付加することで、nuroモバイルでんわとして発信が可能です。

音声通話定額プラン

名称 月額料金 概要
10分かけ放題 月額880円 10分以内の音声通話が多い方におすすめ

nuroモバイルの音声定額プラン一覧(税込)

nuroモバイルでは、nuroモバイルでんわを利用することで月額880円(税込)で10分かけ放題となる定額プランを提供しています。10分以内の通話が月内であれば何度でもかけ放題となります。また、特筆すべき点は国際電話も10分以内であれば定額の範囲内となりますので、国際電話が多い方にもおすすめであると言えます。

契約時に必要な初期費用と解約時に必要な契約解除料金

初期費用

手数料種別 費用
登録事務手数料 3,300円
SIMカード発行手数料 440円

nuroモバイルの初期費用一覧(税込)

nuroモバイルでは、契約時には初期費用として登録事務手数料として3,300円(税込)、SIMカード発行手数料として440円(税込)を徴収しています。初期費用は初月の請求と合算となります。

また、契約途中でタイプ変更(シングル⇔デュアル)、回線変更を行う場合についても変更事務手数料として3,300円(税込)、SIMカード発行手数料として440円(税込)が必要です。また、SIMの紛失などの場合、SIM損害金として3,300円(税込)が発生します。

契約解除料

契約種別 契約期間 費用
音声プラン 12ヶ月契約 13,200円~0円
データプラン 契約期間の定めなし 解約金なし

nuroモバイルの解約料一覧(税込)

nuroモバイルは、音声通話付きのプランを契約している場合は、12ヶ月の最低利用期間が定められています。解約料は、最大13,200円(税込)となっており、月が経過する毎に1,100円(税込)解約料が減額されます。12ヶ月以降に解約する場合は、解約手数料は不要となります。

データSIMを契約している場合は、最低利用期間はなく解約金も発生しません。

ただし、SIMカードとスマートフォンをセットで購入し、分割で支払っている場合は、分割の残高を支払う必要があります。また、MNPで乗り換える場合は転出手数料として3,300円(税込)が必要です。

nuroモバイルはクレジットカードで月額料金の支払いが可能

nuroモバイルは、月額料金の支払いはクレジットカードで支払うことが可能です。VISA、Master、JCB、Dinersの4つの国際ブランドで国内で発行されたクレジットカードが対象です。アメリカン・エキスプレス・カードは対象外となりますので注意が必要です。

一方で、端末の代金の支払いは、上記4つの国際ブランドに加え、アメリカン・エキスプレス・カードでの支払いが可能です。

nuroモバイルについてのより詳しい情報、サービスの申込みは以下の公式サイトをご覧ください。