九州電力系列の格安SIM(MVNO)サービス「QTモバイル」の特徴と概要を解説

九州電力グループで九州地区で通信サービスを提供している「QTネット」が提供する格安SIMサービス「QTモバイル」は、お得な料金と充実したサービスとサポート、九州電力グループで安心して使うことができる格安SIM(MVNO)サービスです。今回は、QTモバイルのサービスの特徴と概要を紹介します。

QTモバイルの特徴

QTモバイルは、九州電力グループで九州地区で通信サービスを提供している「QTネット」が提供している格安SIMサービスです。

利用通信回線は、NTTドコモの他、KDDI(au)、ソフトバンク回線が利用できます。同社のサービスの特徴は、データ量が1GBから大容量の30GBまで用途に応じて料金プランを選ぶことができる他、お得な料金形態を採用しているため、毎月の料金を抑えて利用することができます。

また、サービスも充実しており、端末とSIMを一緒に購入したい場合は、豊富な端末ラインナップから選ぶことができる他、端末の保証も充実しています。また、QTネットのインターネットサービス「BBIQ」をご利用の方は、端末代金が10%キャッシュバックが受けられます。

はじめて格安SIMを使いたい方にも気軽に相談できる店舗を九州地区で展開しており、福岡天神店の他、北九州小倉店、佐賀店、長崎店、大分店、熊本店、宮崎店、鹿児島店を現在展開しています。その他、電話によるサポートの他、有料のサポート体制も用意しています。

QTモバイルの詳細や端末ラインナップについては、以下の公式サイトをご覧ください。

QTモバイルの料金プラン

 

QTモバイルは、音声通話が可能な料金プランとして、データ量が1GBから大容量の30GBまでのプランを用意しており、音声通話付きの「データ+通話コース」とインターネットの利用に特化した「データコース」の種類があります。回線はドコモ回線、KDDI回線、ソフトバンク回線が利用できます。

料金プラン

データ通信量(月) データ+通話コース データコース
1GB 未提供(ドコモ)
1,595円(KDDI)
1,870円(ソフトバンク)
未提供(ドコモ)
880円(KDDI)
880円(ソフトバンク)
2GB 1,100円(ドコモ)
未提供(KDDI)
未提供(ソフトバンク)
770円(ドコモ)
未提供(KDDI)
未提供(ソフトバンク)
3GB 1,540円(ドコモ)
1,705円(KDDI)
1,980円(ソフトバンク)
990円(ドコモ)
990円(KDDI)
990円(ソフトバンク)
6GB 1,760円(ドコモ)
2,475円(KDDI)
2,750円(ソフトバンク)
1,430円(ドコモ)
1,705円(KDDI)
1,705円(ソフトバンク)
10GB 1,980円(ドコモ)
3,575円(KDDI)
3,850円(ソフトバンク)
1,650円(ドコモ)
2,805円(KDDI)
2,805円(ソフトバンク)
20GB 2,200円(ドコモ)
5,390円(KDDI)
5,610円(ソフトバンク)
1,870円(ドコモ)
4,620円(KDDI)
4,620円(ソフトバンク)
30GB 3,300円(ドコモ)
7,590円(KDDI)
7,810円(ソフトバンク)
2,970円(ドコモ)
6,820円(KDDI)
6,820円(ソフトバンク)

QTモバイルのでんわパックプラン(税込)

QTモバイルは、音声通話であれば1GBで最低1,100円(税込)で利用できます。データ通信のみであれば770円(税込)から利用できます。また、大容量通信が必要な場合は、30GBでドコモ回線であれば音声通話付きで3,300円から利用できます。

当月内にデータ量が不足した場合は、100MBあたり200円でデータ量を追加購入が可能です。

データコースにSMS機能を付加する場合は、上記基本料金に加え154円(税込)追加することで利用できます。

QTモバイルの音声通話料

QTモバイルでは、NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクに準拠した通常の音声通話料金でサービスを展開しています。また、専用アプリ「QTモバイルアプリ」を利用すると、通話料が安くとなる他、専用アプリからの通話で利用できる音声通話定額プランを提供しています。

通常の音声通話料金

宛先 音声通話料 SMS
国内 22円/30秒 3~33円/回
海外 国・地域により異なる 50円~500円/(不課税)/回

QTモバイルの音声通話料金(税込)

QTモバイルの音声通話料金は、音声通話は30秒あたり22円(税込)、SMS送信は3円(税込)から利用できます国際電話を利用する場合は国、地域により異なります。国際電話は各携帯事業者が設定した通話料での利用になります。料金については、NTTドコモKDDIソフトバンクの国際電話のページでご確認ください。

音声通話の付加機能として、留守番電話機能が月額385円(税込)、割込通話は月額275円(税込)支払うことで利用できます。

国際ローミングについては、音声通話であれば通話料を除く、基本料金無料で利用できます。

QTモバイルアプリからの音声通話料金

宛先 音声通話料
国内 16.5円/30秒
海外 15円/30秒(不課税)

QTモバイルアプリからの音声通話料金(税込)

専用アプリを利用することで申込み不要で音声通話料金が通常の音声通話料金から通話料が割引になるサービスです。国内通話料が30秒毎に16.5円(税込)で利用できます。また、国際電話にも対応しており、主要32カ国宛の通話であれば、国内と同様の通話料で利用できます。

また、専用アプリを利用しなくても、通常の電話番号の前に「0037-692」を付加することで、通話料を割引して通話が可能です。

音声通話定額プラン

名称 月額料金 概要
10分かけ放題 月額935円 10分以内の音声通話が多い方におすすめ
無制限かけ放題 月額2,750円 国内通話料が無制限でかけ放題

音声定額プラン一覧(税込)

QTモバイルでは、専用アプリを利用することで、10分以内の通話が多い方におすすめな音声定額プランとして、月額935円(税込)で10分以内の通話料が無料となる「10分かけ放題」を提供しています。国内宛の通話で10分以内であれば、定額料金だけで利用できます。

また、長電話が多い方など、通話が多い方には、月額2,750円(税込)で無制限にかけ放題となる、「無制限かけ放題」を提供しています。国内の通話料金が定額内で無制限にかけ放題となります。

契約時に必要な初期費用と解約時に必要な契約解除料金

初期費用

手数料種別 費用
契約事務手数料 3,300円
SIMカード発行手数料 375円(ドコモ)/253円(KDDI)/371円(ソフトバンク)

QTモバイルの初期費用一覧(税込)

QTモバイルでは、契約時には初期費用として契約事務手数料として3,300円(税込)、SIMカード発行手数料としてドコモ回線の場合は375円(税込)、KDDIは371円(税込)、ソフトバンクは371円(税込)を徴収しています。初期費用は初月の請求と合算となります。

また、契約途中でSIMを追加する場合や、SIM紛失などによる再発行、SIMサイズの変更、SIM交換などについては、1枚につき再発行手数料として2,200円(税込)と、回線事業者に応じた上記SIMカード発行手数料が発生します。

一方で、データSIMの場合は再発行の手続きは行っておらず、解約の上、新たに再契約することになります。後述していますが、データSIMは契約期間の縛りや解約手数料は発生しません。

契約解除料

契約種別 契約期間 費用
音声プラン 1年間 13,200円~0円(ドコモ)/10,450円(KDDI)
データプラン 契約期間の定めなし 解約金なし

QTモバイルの解約料一覧(税込)

QTモバイルは、契約解除料として音声通話が利用可能な契約をしている場合は、1年間の契約期間が設けられています。解約手数料は携帯回線事業者によって料金は異なります。

NTTドコモ回線の場合は、1年以内に解約した場合は利用開始月から解約月まで最大13,200円~0円(税込)の解約手数料が発生します。月が経過する毎に1,100円(税込)解約料が減額されます。12ヶ月以降に解約する場合は、解約手数料は不要となります。KDDI回線とソフトバンク回線の場合は、1年以内の解約で10,450円(税込)発生します。

また、MNPで転出する場合は3,300円での転出手数料が発生します。

一方で、データSIMについては、契約期間の定めはなく、解約料金も発生しません。

QTモバイルはクレジットカードで月額料金の支払いが可能

QTモバイルは、月額料金の支払いはクレジットカードで支払うことが可能です。国内で発行されたクレジットカードのみに対応しています。

一方で、QTネットが提供する光インターネットサービス「BBIQ」、BBIQ光テレビを契約している場合は銀行口座振替が利用できます。請求先IDが同一であれば、固定回線と合算して料金を支払うことも可能です。

QTモバイルについてのより詳しい情報、サービスの申込みは以下の公式サイトをご覧ください。