5Gに対応した第3世代「iPhone SE」が登場!携帯各社の販売価格を徹底比較

Appleは2022年3月18日に第5世代移動通信(5G)に対応した第3世代のiPhone SEを販売し、国内ではNTTドコモとKDDI、ソフトバンク、楽天モバイル、ワイモバイル、UQモバイルで取り扱いの予定です。今回は携帯各社の第3世代のiPhone SEの販売価格を調べてみましたので紹介します。

2022年3月18日に発表された第3世代のiPhone SEの特徴

出典:https://www.apple.com/jp/iphone-se/

Appleは、2022年3月8日に第3世代のiPhone SEを発表しました。

外観のデザインと4.7インチの画面は全モデルと同様となり、これまでのiPhoneの象徴であったホームボタンを搭載しています。ホームボタンを搭載することで、指紋認証が可能となり、近年の感染症対策としてマスクを着用している状況で顔認証が難しくなる中、重宝されています。

外観の変更は無いものの、中身が大きく進化しており、CPUにA15 Bionicを採用することで、iPhone 13と同等のCPUを採用しました。CPUは英アームが設計し、製造は台灣積體電路製造(TSMC)が行っています。、新たに第5世代移動通信システム「5G」に対応することで、これまでのiPhone SEに比べて高速な通信でインターネット等楽しむことができるようになります。

内部ストレージの容量は64GBと128GB、256GBの3つを用意しています。

国内では、冒頭でも記載しましたが、2022年3月18日よりNTTドコモKDDIソフトバンク楽天モバイルワイモバイルUQモバイルの6社で取り扱いとなります。

Apple(日本)

圧倒的にパワフルなチップ。スター級のカメラ。進化したバッテリー。5Gのスピード。4.7インチのポケットサイズ。そのすべて…

携帯各社の第3世代 iPhone SEの販売価格を比較

第3世代のiPhone SEの販売価格が11日出揃い、各社の販売価格は以下の通りに設定されています。UQモバイルはKDDIと、ワイモバイルはソフトバンクと価格は同額です。

容量 NTTドコモ KDDI ソフトバンク 楽天モバイル
64GB 6万5230円 6万5335円 6万7680円 5万7800円
128GB 7万5097円 7万5190円 7万4880円 6万3800円
256GB 9万4248円 9万3720円 9万0000円 7万6800円

iPhone SEの携帯通信4社の販売価格一覧(税込)

価格を比較してみると、3つの容量共に、楽天モバイルが最安値となり、64GBモデルであれば5万円台で購入することができます。 iPhone SEは楽天モバイル楽天市場店でも同価格で購入可能です。

ちなみに、Apple直販やヨドバシカメラなどの大型家電量販店で通信事業者を問わないSIMフリーモデルも購入可能です。SIMフリーモデルの販売価格は64GBが5万7800円、128GBが6万3800円、256GBが7万6800円と楽天モバイルと同様で購入可能です。

楽天モバイル
5

回線 自社回線(一部KDDI)
月額料金 音声通話付:0円(1GB)~3,278円(20GB~)
最低利用期間 最低利用期間の定め無し

携帯各社のiPhone SE販売施策

携帯各社では、一括での販売価格は上記表の通りとなりますが、割引施策も展開しており、これらの施策をうまく活用することで更にお得にiPhone SEを購入することが可能です。

NTTドコモ

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/

NTTドコモでは、他社から番号そのままで5Gの契約を行うと、「5G WELCOME割」が適用可能となり、本体代金から2万2,000円の割引が受けられます。64GBのiPhone SEであれば4万3230円で購入可能です。

その他、「いつでもカエドキプログラム」を利用して、2年後などに端末を売却(返却)することで、利用した期間分の端末料金のみの負担で利用可能です。

KDDI

出典:https://www.au.com/iphone/

KDDIでは、他社から番号そのままで5Gの契約を行うと、「5Gスマートフォンおトク割」が適用可能となり、本体代金から2万2,000円の割引が受けられます。また、新規の場合は1万1000の割引が受けられます。

その他、端末購入プログラム「スマホトクするプログラム」も利用可能です。

UQモバイル

出典:https://www.uqwimax.jp/mobile/iphone/

UQモバイルでは、他社から番号そのままで5G契約(くりこしプラン+5G)の加入、新規でくりこしプラン+5Gの加入に加え、データ量を増量するオプションである増量オプションの加入有無で割引が変わります。

他社から番号そのままでくりこしプラン+5Gの加入と増量オプション有りの場合の割引額は2万2000円、増量オプション無しは1万7600円の割引となります。新規の場合は増量オプション有りは1万1000円の割引、増量オプション無しは6600円割引となります。

ソフトバンク

出典:https://www.softbank.jp/iphone/

ソフトバンクでは、一括払いの他、24回払いと48回払いが可能で、64GBモデルは24回で月2820円、48回で月1410円の分割となります。新トクするサポートを利用し、25回目にiPhone本体をソフトバンクに売却(返却)した場合の実質価格は64GBで3万3840円、128GBで3万7440円、256GBで4万5000円となります。

ワイモバイル

出典:https://www.ymobile.jp/

ワイモバイルでは、ソフトバンク同様に一括払いの他、24回払いと36回払いが可能です。64GBモデルは24回払で月2820円、36回で月1880円の支払いとなります。更に、ワイモバイルオンラインストアを利用することで新規と他社から番号そのままの乗り換えで最大2万1600円の割引が適用できます。

楽天モバイル

出典:https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/

楽天モバイルでは、楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムを適用した購入も可能です。48回払いと24回払いが可能で、64GBであれば48回払いで月1204円の支払いが発生しますが、25ヶ月目に端末を売却(返却)した場合、24回の支払い総額は2万8896円となり、最大3万5000ポイントキャンペーン適用で実施0円で利用できます。

楽天モバイル楽天市場店では、iPhone SE単体でも購入可能で4事業者の中で最安値で購入後格安SIMなどの組み合わせも可能です。