mineoの格安SIM(MVNO)サービスの特徴と概要を解説

関西電力グループのオプテージが提供している格安SIM(MVNO)であるmineo(マイネオ)は、早期から格安SIMサービスを提供しており実績が豊富である他、携帯事業者3回線対応し、お得な料金で多くの方に利用しやすい格安SIM(MVNO)です。今回は、mineoのサービスの特徴と概要を解説します。

mineoの特徴

mineoは、関西を拠点で電力を供給している関西電力グループのオプテージが提供している格安SIM(MVNO)サービスです。オプテージは、格安SIM(MVNO)の他、関西を中心に光インターネットサービスである「eo光」を提供しています。

関西電力グループであることから、安心して利用できる他、関西在住以外の方でも利用できます。また、シンプルでお得な料金形態を採用しわかりやすい他、一人ひとりにあったサービスを選ぶことができます。

携帯回線については、NTTドコモ(Dプラン)の他、KDDI(au)(Aプラン)、ソフトバンク(Sプラン)に対応しており、iPhoneはもちろん、今使っている端末を変更すること無くそのまま利用することが可能です。また、端末とセットで購入する場合も豊富なラインナップから選ぶことができます。

mineoはMMD研究所が実施している格安SIM利用者満足度調査で顧客満足度1位を獲得しており、多くの方に選ばれていることがわかります。

mineoの料金プラン

料金プラン デュアルタイプ(音声+データ通信) シングルタイプ(データ通信)
1GB 1,290円 880円
5GB 1,518円 1,260円
10GB 1,958円 1,705円
20GB 2,178円 1,925円

mineoの料金プラン(税込)

デュアルタイプとシングルタイプ

mineoは、1GBから20GBまでの4つの料金プランを提供しています。2021年2月1日より料金プランを改定し、これまで通信事業者毎に異なっていた月額費用が統一されました。音声通話とデータ通信が利用できる「デュアルタイプデータ通信のみの「シングルタイプがあります。

大容量通信の20GBでも音声通話とデータ通信のデュアルタイプを利用するとたったの2,178円(税込)で利用することができ、多くの通信を行う方にとってもお得に利用できます。

格安SIM(MVNO)が初めての方でも安心して利用できるよう、お試しプランを提供しており、デュアルタイプが1,100円(税込)、シングルタイプが330円(税込)で最大2ヶ月間利用できます(初期費用550円(税込))。こちらで問題なければ、自動的に1GBプランに移行します。

パケット放題

パケット放題は、mineoのスマートフォンアプリよりmineoスイッチをONにすることで、通信速度は最大500Kbpsと低速となりますが、通信容量を気にすること無く、データ通信が使い放題となるサービスです。旧料金プランではエココースを提供していましたが、2021年2月の料金改定でエココースは廃止となりましたが、代わりにパケット放題を利用することで、通信容量を節約可能です。

第5世代高速通信「5G」にも対応

mineoでは第5世代高速通信規格である「5G通信」にも対応し、5Gを利用する場合は5G通信オプション料金として追加で220円(税込)払うと、超高速通信が利用可能になります。

mineoの音声通話料

mineoでは、NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクに準拠した通常の音声通話料金でサービスを展開しています。また、専用アプリで通話料が半額となるmineoでんわを提供しています。また、専用アプリからの通話で利用できる音声通話定額プランを提供しています。

通常の音声通話料金

宛先 音声通話料 SMS
国内 22円/30秒 3~33円/回
海外 国・地域により異なる(例:米国34円/30秒、中国57円/30秒) 50円(ドコモ)100円(KDDI・ソフトバンク)~1000円/(不課税)/回

mineoの音声通話料金(税込)

mineoの音声通話料金は、音声通話は30秒あたり20円、SMS送信は3円から利用できます。国際電話を利用する場合は国、地域によりことなりますのでmineoの国際電話のページでご確認ください。

mineoでんわの音声通話料金

宛先 音声通話料
国内 11円/30秒
海外 11円/30秒

mineoでんわの音声通話料金(税込)

mineoでんわは、専用アプリを利用することで申込み不要で音声通話料金が通常の音声通話料金から半額になるサービスです。国内通話料が30秒毎に11円で利用できます。また、国際電話にも対応しており、中国は30秒あたり10円、米国は30秒あたり6円でかけられます。ただし、発信先の国と地域によって通話料は異なりますので、詳しくはmineoでんわの利用規約をご覧ください。

また、専用アプリを利用しなくても、通常の電話番号の前に「0063」を付加することで、mineoでんわとして発信が可能です。

音声通話定額プラン

名称 月額料金 概要
10分かけ放題 月額935円 10分以内の音声通話が多い方におすすめ
通話定額30 月額924円 月内最大30分間定額で電話し放題
通話定額60 月額1,840円 月内最大60分間定額で電話し放題

mineoの音声定額プラン一覧(税込)

mineoでは、mineoでんわを利用することで、月額935円(税込)で10分以内の通話が多い方におすすめな「10分かけ放題」と、最大30分の音声通話が924円(税込)でかけ放題となる「通話定額30」、最大60分の音声通話が1,840円(税込)でかけ放題となる「通話定額60」を提供しています。

IP電話サービスLaLaCall

mineo独自のIP電話サービス(050番)としてLaLaCallを提供しています。月額利用料は110円(税込)で、100円分の無料通話がついています。

LaLaCallはIP電話サービスになりますので、インターネット通信網を利用した音声通話となります。そのため、料金が大幅に削減可能で、通常の音声通話料金30秒22円が最大60%安くなり30秒あたり8円で利用できます。また、LaLaCall同士であれば無料で通話が可能です。

契約時に必要な初期費用と解約時に必要な契約解除料金

初期費用

手数料種別 費用
契約事務手数料 3,300円
SIMカード発行手数料 440円

mineoの初期費用一覧(税込)

mineoでは、契約時には初期費用として契約事務手数料として3,300円(税込)、SIMカード発行手数料として440円(税込)を徴収しています。初期費用は初月の請求と合算となります。

また、契約途中でタイプ変更(シングル⇔デュアル)、回線変更(Aプラン⇔Dプラン⇔Sプラン)を行う場合についても変更事務手数料として3,300円(税込)、SIMカード発行手数料として440円(税込)が必要です。

契約解除料

契約種別 契約期間 費用
音声プラン 契約期間の定めなし 解約金なし
データプラン 契約期間の定めなし 解約金なし

mineoの解約料一覧

mineoは、従来の携帯事業者が設定している契約期間や途中での解約金などの設定はありませんので、安心して利用できます。ただし、SIMカードとスマートフォンをセットで購入し、分割で支払っている場合は、分割の残高を支払う必要があります。また、MNPで乗り換える場合は転出手数料として3,300円(税込)が必要です。

mineoはクレジットカードで月額料金の支払いが可能

mineoは、月額料金の支払いはクレジットカードで支払うことが可能です。一方で、固定回線でeo光を利用している場合は、電話窓口や専用ページで口座振替を固定回線と合算して支払うことができます。

はじめの契約申込み時点では、ご自身名義のクレジットカードが必要になりますので、あらかじめクレジットカードを用意の上、契約手続きを行います。

mineoについてのより詳しい情報、サービスの申込みは以下の公式サイトをご覧ください。