電話リレーサービスとは何か?その概要と格安SIM各社の対応状況を解説

2021年7月より公的制度として電話リレーサービスが開始されます。同制度は聴覚や発話に何かしらの障害を持っている方に対して、電話の円滑利用ができるようにする制度であり、2021年7月利用分より通常の通信料金に上乗せして1.1円(税込)が請求されます。今回は電話リレーサービスの概要と格安SIM各社の対応状況を解説します。

2021年7月より電話リレーサービスを開始

2021年7月より、総務省は公的制度として電話リレーサービスを開始することを明らかにしています。同制度は、聴覚や発話に障害を持つ方に対して、電話サービスの円滑利用を目的に、手話通訳やオペレータを介して電話による通信サービスを提供できるようにするものです。

同サービスは公共サービスとして提供することになり、24時間365日サービスの提供を受けることができます。これまでは、通信事業者が個別で類似サービスを提供していたこともありましたが、公的サービスになることで、多くの方がサービスを利用することができるようになります。

電話リレーサービスの詳細については、総務省の電話リレーサービス公式サイトを御覧ください。

電話サービス利用者全員が負担、2021年の負担金は約7円

電話リレーサービスは、公共サービスとなりますので、同サービスを必要であるか無いかに関わらず、前年度の通信収入が10億円を超える携帯/固定/IP電話事業者が負担することになっており、多くの事業者ではユニバーサルサービス料と同様に、電話通信サービスを利用している方全員に負担金を求めることになります。

サービス料はの負担は2021年7月分より上乗せとなり、事業者によっても若干ことなりますが、毎月「1.1円(税込)」毎月の利用料金に上乗せして請求されます。

2021年度の負担金は2021年8月から12月請求分で約7円ほどの負担となります。

通信事業者 料金
NTTドコモ 1.1円/月(7.7円/年)
21年7月~22年1月利用分を請求
KDDI沖縄セルラー 1.1円/月(7.7円/年)
21年7月~22年1月利用分を請求
ソフトバンク/ワイモバイル 1.1円/月(7.7円/年)
21年7月~22年1月利用分を請求
楽天モバイル 1円/月(6円/年)
21年8月~22年1月利用分を請求

MNO事業者であるNTTドコモKDDIソフトバンクワイモバイルは携帯電話サービス(020番を除く)と固定電話サービスにおいて2021年7月利用分より1.1円を請求するとしています。一方で、楽天モバイルは、1番号あたり1円を請求するとしており、年間の負担額は6円となります。また、これまで楽天モバイルが負担していたユニバーサルサービス料についても、2021年7月利用分より利用者に負担を求めるとしています。

楽天モバイル
5

回線 自社回線(一部KDDI)
月額料金 音声通話付:0円(1GB)~3,278円(20GB~)
最低利用期間 最低利用期間の定め無し

格安SIM(MVNO)各社の電話リレーサービスの対応状況

 

通信事業者 料金

OCNモバイルONEOCNモバイルONE

1.1円/月(7.7円/年)
21年7月~22年1月利用分を請求
イオンモバイル

イオンモバイル

1.1円/月(7.7円/年)
21年7月~22年1月利用分を請求


UQモバイル

1.1円/月(7.7円/年)
21年7月~22年1月利用分を請求

mineo(マイネオ)mineo

1.1円/月(7.7円/年)
21年7月~22年1月利用分を請求
IIJmio(みおふぉん)

IIJmio

1.1円/月(7.7円/年)
21年7月~22年1月利用分を請求
エキサイトモバイルエキサイトモバイル 1.1円/月(7.7円/年)
21年7月~22年1月利用分を請求

nuroモバイル

1.1円/月(7.7円/年)
21年7月~22年1月利用分を請求

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中

BIGLOBEモバイル

1.1円/月(7.7円/年)
ユニバーサルサービス料と合算して請求
格安弐拾プランHISモバイル 1番号あたり1円/月(6円/年)
21年8月~22年1月利用分を請求

格安SIM (MVNO)各社でも電話リレーサービスの対応に向けて準備を進めています。ただし、前述したとおり、前年度の通信収入が10億円を超える携帯/固定/IP電話事業者が負担することになっており、前年度収入が10億円未満の事業者であれば、負担は無しということになります。

格安SIM(MVNO)各社では、OCNモバイルONEイオンモバイルUQモバイルmineoIIJmioエキサイトモバイルnuroモバイルでは、2021年7月利用分から2022年1月利用分までの間毎月1.1円(税込)の負担を求めています。

BIGLOBEモバイルでも、2021年7月利用分から2022年1月利用分までの間、電話リレーサービス料の負担を求めますが、ユニバーサルサービス料と合わせて請求を行うことから、利用明細には「ユニバーサルサービス料および電話リレーサービス料」として、4.4円(税込)で請求するとしています。

HISモバイルでは2021年7月利用分から2022年1月利用分までの間、1円の負担を求めており、2021年度の負担金は6円となります。