NTTドコモが「エコノミーMVNO」を開始!OCNモバイルONEがドコモショップで契約可能に

NTTドコモは、2021年10月21日より格安SIM(MVNO)事業者と提携して、格安SIMを全国のドコモショップで契約可能となる「エコノミーMVNO」のサービスを開始することを明らかにしています。同社では少量のデータプランの取り扱いがありませんでしたが、格安SIM事業者と提携することで、少量プランを扱うことになります。

ドコモショップで格安SIM2社のプランが契約可能

NTTドコモが2021年10月21日より提供開始する「エコノミーMVNO」は、格安SIM事業者2社が扱っている料金プランを全国のドコモショップで契約や相談などが可能になるサービスです。

取り扱う格安SIM事業者は、同じくNTTグループであるNTTコミュニケーションズが提供する「OCN モバイル ONE」と、フリービット株式会社が提供している「トーンモバイル」を扱います。

店頭で2社の格安SIMを取り扱うことで、新規契約の受付だけではなく、少量のデータプランを必要としているお客様に対する提案が強化できる他、ドコモブランドで提供しているスマートフォンの提案も可能となり、利用者の選択肢を増やす他、NTTドコモと格安SIM事業者にとって、顧客獲得を拡大できる好機としても期待できます。

その他、エコノミーMVNOの契約者においても、ドコモが提供している共通ポイントサービス「dポイント」の進呈なども可能になります。

OCNモバイルONEからデータ容量0.5GB(月額550円)のプランを提供開始

https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html

NTTドコモが「エコノミーMVNO」を提供するのと合わせて、OCNモバイルONEは新たにデータ容量が0.5GBで月額550円(税込)で利用可能な500MBプランを新たに提供開始します。

500MBプランは、データ量0.5GBまでとなりますが、他のプランでは設定されていない無料通話分が最大10分間付帯しています。OCNモバイルONEの通話料は30秒あたり11円(税込)で利用可能で、毎月220円(税込)を自動割引が適用されます。60歳以上の方で新規契約から12ヶ月限定で500MBプランの契約でデータ量1GBまで利用可能となります。

OCNモバイルONEは、契約期間の定めは無く、解約時の解約手数料も発生しませんので安心して利用することができます。全国のドコモショップで契約できるほか、OCNモバイルONEの公式サイトでも申込み可能です。

OCNモバイルONEのサービス詳細は以下の公式サイトおよび詳細記事を御覧ください。

OCNモバイルONE
5

OCNモバイルONE

回線 NTTドコモ
月額料金 音声通話付:770円(1GB)~
データ通信+SMS:990円(3GB)~
データ通信のみ:858円(3GB)~
最低利用期間 音声通話、データ通信ともに最低利用期間の定め無し

トーンモバイルは「トーンモバイル for docomo(仮称)」として12月より提供開始

https://tone.ne.jp/

トーンモバイルは「エコノミーMVNO」の提供開始に合わせて、新たに「トーンモバイル for docomo(仮称)」を立ち上げ、2021年12月よりサービスを開始する予定であることを明らかにしています。

トーンモバイルでは既存の格安SIMサービスと切り分けてサービスを提供する予定で、NTTドコモと販売代理店契約を締結し、全国のドコモショップで取り扱いを行います。

2021年10月時点では提供する料金プランは未定となっており、公式の案内があり次第当記事で追記します。

携帯大手通信2社が格安プランで少量プランを出す中、格安SIMと提携で選択肢を増やす

政府の携帯通信料金値下げ要請に従い、大手携帯通信3社はデータ量20GBでまで利用可能な格安プランの提供を発表しましたが、その後、ソフトバンクとKDDIはデータ量20GB以下の利用者のために、少量のデータプランを追加しました。

一方、NTTドコモの場合は、データ量20GBのahamoを提供していますが、現状としては20GBのみのプランとなっており、他社が少量のデータプランを出す中、対抗策が求められていましたが、「エコノミーMVNO」の提供開始することで、データ量20GB以下の利用者を対象にサービスの選択肢を増やします。

2021年10月24日の日本経済新聞の朝刊でOCNモバイルONEを提供しているNTTコミュニケーションズがNTTドコモの傘下になると報じており、今後、少量プランにおいても、NTTドコモとOCNモバイルONEのサービス連携が行われ、両社が一体となってサービスを提供することも予想されそうです。