格安SIM(MVNO)各社の国内の音声通話料金を比較

格安SIM(MVNO)を利用する場合、引き続き音声通話を利用する場合、音声通話料金を事前に確認しておくことが重要です。格安SIMは通常の音声通話料金の他、専用アプリで通話料金が割引となる料金形態を設定しています。今回は格安SIM(MVNO)各社の音声通話料金を比較しました。

格安SIM(MVNO)は通常の音声通話料金の他、専用アプリによる割引料金で通話が可能

格安SIM(MVNO)を利用する場合、既存の携帯事業者同様の通常の音声通話料金の他、専用アプリによる割引料金で通話が可能となっています。

既存の携帯事業者ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクともに30秒あたり20円で利用できますが、格安SIM(MVNO)ではプレフィックス番号を利用することで、割引が適用できますので、音声通話料金についても費用削減することができます。

格安SIM(MVNO)事業者が提供している専用アプリを使うことで、プレフィックス番号を自動的に付加してくれますので、手間なく音声通話が可能です。

国内の音声通話料金を比較

格安SIM(MVNO)事業者 通常音声通話料金 専用アプリSIM通話料金
【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中ビッグローブモバイル 22円/30秒 9.9円/30秒(ビックローブでんわ)
OCNモバイルONEOCNモバイルONE 22円/30秒 11円/30秒(OCNでんわ)

UQモバイル
22円/30秒 提供無し
イオンモバイルイオンモバイル 22円/30秒 11円/30秒(イオンでんわ)
IIJmio(みおふぉん)IIJmio 22円/30秒 11円/30秒(みおふぉんダイアル)
mineo(マイネオ)mineo 22円/30秒 11円/30秒(mineoでんわ)
エキサイトモバイルエキサイトモバイル 22円/30秒 11円/30秒(エキモバでんわ)
DTISIM 22円/30秒 11円/30秒(おとくコール)
nuroモバイル 22円/30秒 11円/30秒(nuroモバイルでんわ)
格安弐拾プランHISモバイル 22円/30秒 11円/30秒(HIS電話アプリ)
b-mobile 22円/30秒 11円/30秒(b-mobileアプリ)
LIBMOLIBMO 22円/30秒) 提供なし
ワイモバイル 22円/30秒 提供無し
楽天モバイル 22円/30秒 0円(Rakuten Link)

格安SIM(MVNO)各社の音声通話料金一覧(税込)

音声通話料金についは、既存の携帯事業者同様に通常の音声通話料金であれば30秒あたり22円(税込)で通話が可能です。

格安SIM(MVNO)事業者が提供している専用アプリを利用することでプレフィックス番号が自動で付加され、通話料金の割引が適用でき、多くの事業者では半額まで割引が可能です。OCN モバイル ONEでは2021年7月より標準の電話機能においても、専用アプリを不要で自動でプレフィックス番号が付加されるようになりました。

その中でも、BIGLOBEモバイルでは、30秒あたり9.9円(税込)で利用可能で、格安SIM(MVNO)事業者の中では安く利用できるといえます。

BIGLOBEモバイル
5

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中

回線 NTTドコモ、KDDI(au)
月額料金 音声通話付:1,078円(1GB)~
データ通信+SMS:1,122円(3GB)~
データ通信のみ:990円(3GB)~
最低利用期間 音声通話のみ最低12ヶ月(12ヶ月以内は契約解除料として1,100円が必要)
データ通信は設定無し

楽天モバイルでは、専用アプリRakuten Linkを利用すると、国内の固定電話と携帯電話宛であれば0円、国内宛のSMSの送信料も0円となるなど大変お得に利用できます。料金プランも0GBから1GBまでは0円、1GB超3GB以下で1,078円(税込)、20GB以上使っても3,278円(税込)と段階性の料金プランを採用しており、データ量が少ない方であればお得に利用できそうです。

楽天モバイル
5

回線 自社回線(一部KDDI)
月額料金 音声通話付:0円(1GB)~3,278円(20GB~)
最低利用期間 最低利用期間の定め無し

音声通話を利用する場合は、音声通話SIMを契約する必要があります。基本料金は格安SIM(MVNO)事業者で異なっていますので、詳しくは下記の記事をあわせてご覧ください。

関連記事

格安SIM(MVNO)では、音声通話が利用できますが、料金や初期費用、解約手数料が異なります。今回は、音声通話付きSIMを検討されている方に、音声通話対応SIMの利用料金と初期費用、解約手数料を比較しました。 音声通話SIMの最低利用料金[…]