携帯大手3社の格安プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」の3プランを徹底比較!

携帯大手3社よりデータ量20GBまで利用可能な格安の料金プランが提供されました。料金形態やサービス内容を見ると横並びにも見受けられますが、細かい点を確認すると通信事業者によって異なる点も見受けられます。今回は、携帯通信大手3社のデータ量20GBの格安プランを比較して紹介します。

携帯通信大手3社の格安プラン概要

携帯大手3社では政府による携帯通信料金の値下げ要請を受けて、料金プランを見直しオンラインでの申込みに限定するなどに限定してデータ量20GBまで利用可能な格安料金プランを発表しました。NTTドコモでは「ahamo」、KDDIは「povo」、ソフトバンクは「LINEMO」という名称でサービスを提供開始しています。

NTTドコモ「ahammo」

NTTドコモはahamoブランドで、データ量20GBまで2,980円(税込)で利用できるプランを提供しています。さらに、5分以内の無料通話が包括されており、5分以内の通話であれば無料で利用できます。また、データ量20GBは国内だけではなく海外でも同料金プラン内で利用可能です。申込時の事務手数料は無料の他、2年契約といった契約期間の縛りはありません。

関連記事

NTTドコモから2021年3月よりデータ量20GBで2970円(税込)で利用可能な格安プラン「ahamo(アハモ)」を提供開始します。政府の携帯通信料金値下げ要請に伴い、携帯通信事業者各社が料金値下げを検討する中、NTTドコモが先手して格安[…]

KDDI「povo」

KDDIは、povoブランドでデータ量20GBまで2,728円(税込)で利用できいるプランを提供しています。こちらは無料通話は含まれておらず、月額550円で5分以内の無料かけ放題を任意で追加できます。こちらも、申込時の事務手数料は無料の他、2年契約といった契約期間の縛りはありません。

関連記事

KDDI(au)からデータ通信量20GBで2,728円(税込)で利用できる格安プラン「povo(ポヴォ)」が登場しました。政府の携帯通信料金値下げ要望に伴い、ドコモのahamoに加え、KDDIも対抗プランを提供することになりました。今回は、[…]

ソフトバンク「LINEMO」

ソフトバンクは、格安SIM事業者であったLINEモバイルを子会社化して、新たな20GBの格安プランとして「LINEMO」を提供しています。データ量20GBで月額2,728円(税込)で利用可能です。対話アプリのLINEの利用であれば、消費データ量として除外され、指定のLINEサービスであれば20GB超えても速度制限の対象とはなりません。また、海外での利用は別途料金が必要です。

こちらは無料通話は含まれておらず、月額550円で5分以内の無料かけ放題を任意で追加できます。こちらも、申込時の事務手数料は無料の他、2年契約といった契約期間の縛りはありません。

関連記事

ソフトバンクからデータ量20GBで月額2,728円(税込み)で利用できる格安料金プラン「LINEMO」が登場しました。政府の携帯通信料金値下げ要望に伴い、ドコモがahamoを発表したのを皮切りに、KDDIが「povo(ポヴォ)」を発表するな[…]

携帯大手3社「ahamo」、「povo」、「LINEMO」を比較

NTTドコモ「ahamo」 KDDI「povo」 ソフトバンク「LINEMO」
月額利用料 2,980円 2,728円 2,728円
データ量 20GB 20GB 20GB(※)
追加データ量 1GB:550円 1GB:550円 1GB:550円
速度制限時通信速度 最大1Mbps 最大1Mbps 最大1Mbps
無料通話 5分以内無料 別途月額550円 別途月額550円
かけ放題オプション 1,100円 1,650円 1,650円
海外利用 可能(データ量料金含む) 不可(提供予定) 可能(データ量料金別)
eSIM 対応 対応 対応
キャリアメール 利用不可 利用不可 利用不可
家族割引 適用不可 適用不可 適用不可
申し込み オンラインのみ(別途3,300円で店頭でも可能) オンラインのみ オンラインのみ
契約手数料 オンラインのみ無料(別途3,300円で店頭でも可能) 無料 無料
解約手数料 無料 無料 無料

※LINEに関わる一部のサービスは20GB以上でも利用可能

データ量とキャリアメール有無、家族割引、事務手数料の適用については各社共通

携帯通信大手3社の「ahamo」、「povo」、「LINEMO」の3つの料金プランを比較してみると、共通している内容としては、データ通信量が20GBと固定されていることと、キャリアメールの提供が無いこと、家族割引など既存の料金プランで適用可能な割引サービスが適用できない点では一致しています。

事務手数料についてですが、3社ともに原則として申し込みはオンラインのみで受付を行うことになります。オンラインに限定することで、経費を抑えることで料金の引き下げを実現を行いました。NTTドコモについては、別途3,300円(税込)を支払うことで、店頭での申込が可能となっています。

データ容量について、細かい点を見ると、ソフトバンクの「LINEMO」の場合は、LINEに関わるサービス(一部対象外)の場合は、消費データ容量として除外されます。LINEサービスで20GB以上使った場合でも速度制限の対象にはなりません。

速度制限についてですが、3事業者ともに消費データ量20GBを超過した場合は、通信速度最大1Mbpsとなります。これを解除したい場合は、1GBごとに550円(税込)を追加で支払う必要があります。

ドコモは無料通話5分間含まれるが、それ以外は別途月額550円必要

携帯通信大手3社の格安プランにおける大きな違いとしては、基本料金に無料通話分が含まれているか否かとなります。NTTドコモの「ahamo」の場合は、月額2,980円(税込)と3社の中ではやや料金が高めとなっていますが、5分間の無料通話分が包括されており、5分以内の通話であれば無料で利用できます。

一方で、KDDIの「povo」とソフトバンクの「LINEMO」については、基本料金は2,728円(税込)となりますが、無料通話分が含まれておらず、必要な場合は別途550円追加で支払いが必要です。

また、5分以上通話する方は、NTTドコモの場合はかけ放題オプションとして1,100円(税込)、KDDIは「通話かけ放題」を月額1,650円(税込)、ソフトバンクは「国内通話かけ放題」を1,650円(税込)で加入可能です。

3社ともに他社接続サービスについては定額対象外となり別途通話料が発生します。

国際ローミングサービスはNTTドコモは基本料金に包括されるがソフトバンクは別

国際ローミングサービスにも違いがあります。NTTドコモの「ahamo」の場合は、基本料金内で国際ローミングによるデータ通信も利用可能となっています。日本人が渡航する92%の国と地域をカバーしており、82カ国の国と地域で利用可能です。

KDDIについては、提供予定としており、サービスの開始は正式な案内を待つ必要があります。

ソフトバンクの場合は、海外で利用する場合、別途国際ローミングサービスに申し込む必要があります。また、海外でのデータ通信については、20GBのカウント対象外となっており、別途海外パケットし放題「2,980円(25MB以上)」に申し込むと別途定額で利用可能となります。

通話と海外利用が多い方は「ahamo」データのみはKDDI、ソフトバンク

携帯通信大手3社の格安プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」の3プランを見てみましが、今回の比較をしてみた結果、音声通話が多い方や海外でも利用したい場合は、5分間通話が基本料金に包括れており、話し放題が1,100円と定額が一番安く利用可能なNTTドコモの「ahamo」がおすすめであると言えそうです。

NTTドコモ ahamo
5

ahamo新規・MNP

回線 NTTドコモ
月額料金 2,980円(20GB)
5分間無料通話分込!
最低利用期間 契約期間・解約料金無し

一方で、電話を使わない場合や海外での利用は行わない場合は、KDDIの「povo」やソフトバンクの「LINEMO」が安く利用することができそうです。また、LINEの利用が多いのであればLINEMOの検討ができればなお良いと言えそうです。

LINEMO
5

LINEMO

回線 ソフトバンク
月額料金 ミニプラン:990円(3GB)
スマホプラン:2,728円(20GB)
最低利用期間 契約期間・解約料金無し