格安SIM(MVNO)事業者各社のデータ量500MBの料金を比較

格安SIM(MVNO)では、データ量毎に料金プランが決められています。その中でもデータ量が少ない500MBの料金プランはほぼ通話のみを中心に時々メールやLINEなどの対話アプリを使う方におすすめです。今回は、格安SIM(MVNO)事業者各社のデータ量500MBの料金を比較します。

データ量500MBはどれくらい使えるか?

データ量500MBは、データ量の中でも少ない容量プランです。一般的なニュースサイト1ページ閲覧する場合に消費するデータ量は約300KBで、500MBの契約で閲覧できるページ数としては1,500ページ程度となります。

また、メールやSNSの利用については、文字数などによって異なりますが、通常の利用であればおよそ1KB~5KBとなります。対話アプリのLINEについては、通常の対話機能のみであれあ500文字程度で2KBの消費量となり500MBで約25回投稿が可能です。

SNSは他人の投稿を閲覧する場合は、画像や動画をアップロードしている投稿もありますので、それらを閲覧した場合は消費量は多くなります。そのため、投稿された画像や動画を良く見る方は500MBの容量プランはおすすめできず、最低でも3GB以上の容量で検討することをおすすめします。

500MBは、データ量としては少なめで、主に通常の音声通話を利用するが、たまにメールやLINE(文字中心)を利用する方におすすめです。例えば、ご家族で格安SIM(MVNO)の利用をあわせて検討しており、普段インターネットをあまり利用されない高齢の方や小さいお子様に利用させる場合におすすめであると言えます。

格安SIM各社の500MBの料金プランを比較

 

格安SIM(MVNO)事業者 音声通話付き基本料金 データ+SMS基本料金 データ通信基本料金
【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中ビッグローブモバイル 提供無し 提供無し 提供無し
OCNモバイルONEOCNモバイルONE 提供無し 提供無し 提供無し

UQモバイル
提供無し 提供無し 提供無し
イオンモバイルイオンモバイル 1,023円 提供無し 提供無し
IIJmio(みおふぉん)IIJmio 提供無し 提供無し 提供無し
mineo(マイネオ)mineo 提供無し 提供無し 提供無し
エキサイトモバイルエキサイトモバイル 提供無し 提供無し 提供無し
DTISIM 提供無し 提供無し 提供無し
nuroモバイル 提供無し 提供無し 提供無し
格安弐拾プランHISモバイル 提供無し 提供無し 提供無し
b-mobile 提供無し 提供無し 提供無し
LIBMOLIBMO 提供無し 提供無し 提供無し
ワイモバイル 提供無し 提供無し 提供無し
楽天モバイル 0円(0GB~1GB) 0円(0GB~1GB) 0円(0GB~1GB)

格安SIM(MVNO)各社のデータ量500MB料金一覧(税込)

データ量500MBのプランは、提供している格安SIM(MVNO)事業者は少ないのが現状です。多くの場合は1GB以上から提供している事業者が多いです。その中でも、イオンモバイル500MBプランで音声通話付きで月額1,023円(税込)から利用できます。

また、楽天モバイルでは、1GBまでであれば基本料金が0円で利用可能となっており、500MB程度でおさまるのであれば、かなりお得に利用できると言えます。

楽天モバイル
5

回線 自社回線(一部KDDI)
月額料金 音声通話付:0円(1GB)~3,278円(20GB~)
最低利用期間 最低利用期間の定め無し

データ量500MBプランはイオンモバイルがおすすめ

データ量500MBプランを検討している場合におすすめな格安SIM(MVNO)事業者は、イオンモバイルがおすすめです。

格安SIM(MVNO)事業者の中で唯一500MBプランを提供しており、月額1,023円(税込)から利用できます。データ通信はあまりしないが料金を抑えたい方にはおすすめです。ただし、データ通信を少しでも利用する機会がある場合は、NTTコミュニケーションズが提供しているOCNモバイルONEが音声通話付きでデータ量1GBで月額770円(税込)から利用できますので、そちらをおすすめします。

イオンモバイル
5

イオンモバイル

回線 NTTドコモ、KDDI(au)
月額料金 音声通話付:1,023円(0.5GB)~
データ通信のみ:528円(1GB)~
シェアプラン:1,738円(4GB)~
最低利用期間 音声通話、データ通信ともに最低利用期間の定め無し