ソフトバンク回線を利用する格安SIM(MVNO)事業者を比較

格安SIM(MVNO)は、携帯事業者3社より通信回線を借りてサービスを提供しています。今回はソフトバンクの回線を使用している格安SIM(MVNO)事業者を比較しました。

ソフトバンク回線を利用している格安SIM(MVNO)事業者

格安SIM(MVNO)事業者 NTTドコモ KDDI(au) ソフトバンク
【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中ビッグローブモバイル ×
OCNモバイルONEOCNモバイルONE × ×

UQモバイル
× ×
イオンモバイルイオンモバイル
IIJmio(みおふぉん)IIJmio ×
mineo(マイネオ)mineo
エキサイトモバイルエキサイトモバイル
DTISIM × ×
nuroモバイル
格安弐拾プランHISモバイル ×
b-mobile ×
LIBMOLIBMO × ×
ワイモバイル × × ○(※1)
楽天モバイル × ○(※2) ×

ソフトバンク回線を利用している格安SIM(MVNO)事業者一覧
(※1)ワイモバイルは自社回線の他ソフトバンク回線を使用
(※2)自社回線を穴埋めとしてKDDI回線を使用

格安SIM(MVNO)事業者において、ソフトバンク回線を利用している格安SIM(MVNO)事業者は、イオンモバイルmineoエキサイトモバイルnuroモバイルQTモバイルHISモバイルの6社となっています。

ソフトバンク回線利用格安SIM事業者の基本料金比較

格安SIM(MVNO)事業者 データ量1GBの基本料金 データ量6GBの基本料金 データ量12GBの基本料金
イオンモバイルイオンモバイル 1,078円 1,628円 2,178円
mineo(マイネオ)mineo 1,298 1,518円(5GB) 1,958円(10GB)
エキサイトモバイルエキサイトモバイル 880円(3GB)(※1) 1,430円(7GB)(※1) 1,980円(※1)
nuroモバイル 792円(3GB) 990円(5GB) 1,485円(8GB)
格安弐拾プランHISモバイル 590円(※2) 1,190円(5GB)(※2) 1,790円(10GB)(※2)
b-mobile 1,089円 2,409円 3,069円(10GB)

格安SIM(MVNO)各社の1GBと6GB、12GBの音声付き基本料金一覧(税込)
(※1)エキサイトモバイルはFit(フィット)プランの料金
(※2)HISモバイルは格安ステッププランの料金

ソフトバンク回線を利用してる格安SIM(MVNO)事業者のデータ量1GBと6GB、12GBの音声通話付き基本料金の一覧です。料金で見ると、ソニーグループのnuroモバイルであればデータ量は少し多めですが3GBで月額792円(税込)がデータ量少なめのプランであれば安く利用できます。

データ量6GBで見ると、データ量は1GB少ないですが5GBであればnuroモバイルが月額990円(税込)、データ量が6GB以上欲しいのであれば、エキサイトモバイルが7GBで月額1,430円(税込)がお得に利用できます。

データ量12GBであれば、エキサイトモバイルが月額1,980円(税込)とお得に利用できます。

ソフトバンク回線利用格安SIM事業者の音声通話料金比較

 

格安SIM(MVNO)事業者 通常音声通話料金 専用アプリSIM通話料金
イオンモバイルイオンモバイル 22円/30秒 11円/30秒(イオンでんわ)
mineo(マイネオ)mineo 22円/30秒 11円/30秒(mineoでんわ)
エキサイトモバイルエキサイトモバイル 22円/30秒 11円/30秒(エキモバでんわ)
nuroモバイル 22円/30秒 11円/30秒(nuroモバイルでんわ)
格安弐拾プランHISモバイル 22円/30秒 11円/30秒(HIS電話アプリ)
b-mobile 22円/30秒 11円/30秒(b-mobileアプリ)

格安SIM(MVNO)各社の音声通話料金一覧(税込)

ソフトバンク回線を利用した格安SIM(MVNO)各社の音声通話料金は、どの事業者においても通常の音声通話料金であれば30秒あたり22円(税込)で通話が可能です。

一方で、格安SIM(MVNO)事業者独自で、専用アプリを提供しており、通常の音声通話料の半額で利用できます。ソフトバンク回線の場合は、通話アプリを利用した場合でも、QTモバイル以外は30秒あたり11円(税込)で利用可能です。

ソフトバンク回線利用格安SIM事業者の契約初期費用比較

格安SIM(MVNO)事業者 契約初期費用 SIM発行手数料
イオンモバイルイオンモバイル 3,300円
mineo(マイネオ)mineo 3,300円 440円
エキサイトモバイルエキサイトモバイル 3,300円 433.4円
nuroモバイル 3,300円 400円
格安弐拾プランHISモバイル 3,300円
b-mobile 3,300円

格安SIM(MVNO)各社の契約初期費用一覧(税込)

ソフトバンク回線を利用している格安SIM(MVNO)事業者では、初期費用として3,300円(税込)が発生します。また、別途SIMカードの発行手数料として433.4円~440円(税込)が追加で必要になりますが、イオンモバイルHISモバイルについては、SIM発行手数料は初期費用に含まれています。

ソフトバンク回線利用格安SIM事業者の解約手数料比較

格安SIM(MVNO)事業者 契約期間 解約手数料
イオンモバイルイオンモバイル 期間の定めなし 解約金なし
mineo(マイネオ)mineo 期間の定めなし 解約金なし
エキサイトモバイルエキサイトモバイル 1年間 10,450円
nuroモバイル 1年間 13,200円~0円(期間に応じて変動)
格安弐拾プランHISモバイル 期間の定めなし 解約金なし
b-mobile 期間の定めなし 解約金なし

格安SIM(MVNO)各社の契約初期費用一覧

ソフトバンク回線を利用している格安SIM(MVNO)事業者において、音声通話SIMの場合は、1年間の契約期間が定められている事業者が多いです。イオンモバイルmineoHISモバイルについては、音声通話付きSIMにおいても期間の定めは無く、解約時に解約手数料は発生しません。

音声通話が付帯しないデータSIMについては、どの事業者においても契約期間の定めは無く、解約時の手数料は徴収されません。